本文へスキップ

婦負の開祖神

TEL. 076-454-3501

〒939-2304 富山県富山市八尾町黒田3,166

神社と神道の豆知識

初穂料(祈祷料・玉串料・神饌料・幣帛料)について

 
 新車のお祓い、初宮詣、七五三詣などで参拝される場合、お供え物として通常は現金をお持ちになられるかと思います。このとき、[1.表書きについて]をご参考になさり、他のお供え物(お酒や家で採れた野菜やお米など何でも)がもしあれば、一緒にお祭りの前にご神饌(しんせん)や幣帛(へいはく)として神職にお預けください。ご神前にお供えしてお祓いをいたします。

 また、単刀直入に「初穂料はおいくらでしょうか?」とお尋ねになる方がいらっしゃいますが、これは明確にお答えするのが難しいご質問なのです。「人それぞれ」としかお答えできないのです(「これくらいの方が多いです」と実状をお伝えすることはできますが)。初穂料はお参りされる方の神様へのお気持ちそのものですから、価値観や信仰心によって異なって当然ですし、学生や会社社長など、実収入によっても異なってくるでしょう。神様に対して素直なお心になられ、自分にも素直になって金額等をお考えください。神職は金額に関係なく、まったく同じようにご奉仕いたします。
初穂料と玉串料の違い:
 標題にある「初穂料」と「祈祷料」「玉串料」「神饌料」「幣帛料」などとの違いは何なのかをお話しいたします
 この中で少々異質なのが「祈祷料」です。これだけが神様に対してではなく御祈願をさせていただいた神職に対する、いわば『謝礼』になります。この場合は、祈祷料以外に神様に何らかのお供え物(例えばお酒やお菓子などの神饌)が無いと筋が通りません。『お金以外に十分なお供え物もあるとき書く』と考えていただいた方が良いかも知れません。
 「初穂料」は『お供えするべきお米(新米)の代わり』という意味、「玉串料」は『玉串拝礼すべきところそれができないので代わりに』、「神饌料」は『お供えするべき食べ物全般の代わり』、「幣帛料」は『お供えするべきお着物や布地(反物)の代わり』という意味にそれぞれなります。これが分かっていればもう迷いませんよね。
一覧に戻る

バナースペース

延喜式内 杉原神社

〒939-2304
富山県富山市八尾町黒田3,166

TEL 076-454-3501
FAX 076-454-3501